略伝浅野 

              初 代(浅野順一)牧師時代>
                (1932〜1961年)




 浅野牧師は青山学院大学神学部長の傍ら、 美竹教会の創立・発展にご尽力された。 ご専門は旧約学。教会は大いに発展し、  幾つもの伝道所を生み、それらはやがて教会となった。 議論の活発な教会であったようである。沢山の伝道者を生んだ。 『日本基督教団美竹教会三十年史』に詳しい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
略伝平野  第二代(平野 保)牧師時代         (1962〜1984年)   平野牧師は東京神学大学で新約学を教える傍ら、                  美竹教会の発展に尽力された。   この時代は日本基督教団が大いに混乱し、東京神学大学の       教授であった平野牧師の牧会しておられる当教会も             その波をもろにかぶらざるを得なかった。 また大都市のドーナツ現象が重なり、     教会の周囲に住んでいたほとんどの信徒が郊外に移住した。 『日本基督教団美竹教会七十周年記念誌』にその歩みがある。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
略伝上田   第三代(上田光正)牧師時代     (1984年〜2014年)   上田牧師の時代の前半は、       日本基督教団内の混乱がまだ収まらなかった。        美竹教会の中にもその余波がのこっていた。    後半になってようやく安定した歩みが始まり、、           教会形成と伝道に励むようになった。    一昨年(2010年)は献身志願者も生まれ、     昨年(2011年)は会堂を大きくリフォームし、    これからの伝道と発展への備えが整えられつつある。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
略伝左近   第四代(左近 豊)牧師時代     (2014年〜)     左近牧師のスタートは、      「祈りを中心に」という従来の方針を継承し    「美竹教会伝道のヴィジョン・神の民の形成をめざして-     共同体の信仰の継承」と題し、    牧師の働きとして、説教・聖礼典、会議、牧会、伝道の他、    神学教育、聖書翻訳、 旧約学研究、文書伝道を標榜された。          2015年3月雨漏りによる3階階段崩落に起因する    会堂補修・屋上及び外壁全面塗装作業は、    同年8月末日に完了した。